猛暑日のペットボトル、大丈夫?

毎日暑い日が続きますが

皆さま体調は大丈夫ですか?


熱中症対策のためにこまめな水分補給を!


と合言葉のように聞きますが

皆さまはどのように水分を持ち歩いてますか?


日本はどこにでも自動販売機や

コンビニがあるので

いつでも気軽に飲み物を購入できますが

そこにはちょっと注意が必要です。


白砂糖がたくさん入った清涼飲料水は

もちろん論外ですが


実はペットボトル入りの水やお茶も

あまりオススメしたくない理由があります。



それは、容器から溶け出す環境ホルモン。



手に取るときは冷えていますが

配送中は、この40度近い猛暑の中を

何時間もかけて運ばれてくる

ペットボトル飲料水。 



ペットボトルの原料に含まれる

有害物質は、気温が高ければ高いほど

中身の水分に溶け込んでいき


それを飲んだ私たちは

ホルモン異常をきたしてしまい

体に不調を招く危険性が高まります。

  

特に妊婦さんはお気をつけいただきたいです。



ペットボトルの再利用などで

まだ冷えてない熱い麦茶を

入れて使っていたり


高温の車内に放置していた

ペットボトルのお茶を飲んだり


という事は危険であるという事も

合わせてお伝えいたします



ちょっとびっくりな情報もありますが

ブログではお伝えしきれないので

詳しいことは、ご興味のある方だけに

メルマガで配信いたしますね。

是非ご登録くださいませ。



という事で私は水筒を持ち歩く派です。

お気に入り水筒はこれ。

ハイドロフラスク



  

3色取り揃えていて

その日の気分で変えてます

蓋も色々なバージョンにカスタマイズできて

特にストローキャップのものが

とっても飲みやすくてオススメです。


氷を入れておくといつでも冷たい飲み物が

飲めるのでクールダウンできますよ。


実は、ペットボトル入りの飲料は

水やお茶であっても安全とは言えないのです。

水にもメーカーによって良し悪しありますし

お茶も正直色々入ってます


こちらもメルマガにてお伝えして行きますね。



私は自分のお気に入りのハーブティーや

フレーバーティーなどを水筒に入れてます。



今日はロータスティーを携帯中です。

爽やかなベトナムの風が体を吹き抜けて行きますよ〜​​​​​​​



心身ともに10年若返る

セルフメディカルフードについて

詳しく知りたい方は

メルマガにご登録くださいね。


メルマガリニューアルしました↓

Self Medical Food Academy

体にいいもの、一緒に食べよう?   発酵、薬膳、酵素食、クレンズ、ローフード、パレオダイエットなど、体に良い食事をどのように取り入れ実践していくかをトータル的に学べるアカデミーです。二子玉川にてサロンを開催しています。

0コメント

  • 1000 / 1000