土用にやってはいけない事

東京も梅雨が明けて

ようやく夏本番ですね!

 

発酵食を始めてから

四季の変化というものに

とても敏感になります。

 

そう、日本は四季がある。というのが一般的ですが

実は五季あると言ったら、驚かれますでしょうか?

 

中国には五行学説という考え方があり、

全ての物事が木・火・土・金・水という

5つに当てはまると考えられています。

 

日本の四季でいうと、春が木、夏が火、秋が金、冬が水

となるのですが、土が一つ余ってしまいます。

 

中国には長夏といって、

日本でいうと梅雨に当たる季節があり、

それを土と表しているのですが、

日本には長夏という季節はありません。


なのでこの土を4つに分けて、

それぞれの季節の変わり目である

立春、立夏、立秋、立冬前の約2週間を

土用として振り分けて調整しましょう

ということにしました。

 

有名な土用の丑の日は

夏の土用である立秋前2週間の中にある丑の日

ということになります。

 

今年の立秋は8月7日なので

今はまさに土用期間となります。

 

この時期の発酵仕事は

梅の土用干しといって、

梅に時期に漬け込んだ梅を

ちょうど梅雨が明ける土用の期間に

3〜4日天日干ししなくてはいけません。

 

今年は梅雨が長かったので

ようやく梅もお日様に当てることができました。

実はこの土用期間、凶作用のある期間と考えられていて

やって良いこととやってはいけないことがあるのです。


 

やってはいけないこと

土いじり(畑仕事やガーデニング)

新しい物事を決める

引越しをする

起業をする

 

やったほうがいいこと

部屋の整理整頓

衣替え

いらないものの処分

梅を干す

うなぎなどうのつくものを食べる

ゆっくり休む

 

などです。

この時期は異常者が出やすい期間でもあり

相模原の事件や、突然老人を蹴り倒す若者の出現など

最近の異常な事件も土用の凶作用がもたらしたものなのかも

と考えられますね。

 

また、土用の丑の日のうなぎが

価格高騰や絶滅危惧種指定ということで

代わりにナマズを食べましょうと

某スーパーマーケットが戦略を出しているようですが

ナマズはうがつかない食べ物なので

土用とは関係がないということも

付け加えさせてください。

 

昔からの風習がまた一つ

企業戦略で消えていくのかな、と思いました・・・。

 

あと1週間ほど土用期間が続きますが

季節の変わり目なので養生しなさい

という先人からの教え通り

新しいことは少し先延ばしにして

ゆっくり体を休め、夏の暑さに備えましょう。






 


Self Medical Food Academy

体にいいもの、一緒に食べよう?   発酵、薬膳、酵素食、クレンズ、ローフード、パレオダイエットなど、体に良い食事をどのように取り入れ実践していくかをトータル的に学べるアカデミーです。二子玉川にてサロンを開催しています。

0コメント

  • 1000 / 1000